菊作り〈虎の巻〉 マルト外伝

菊作り名人には誰にも言いたくない”秘密の技”がある。 まず、左下、目次の【お知らせ】を見てくださいね。記事の掲載日時がありますが、内容はいつご覧になっても重要な内容になっています。☆興味を持たれた方、左下”お問い合わせフォーム”より、お問い合わせを!商品については、カタぶログhttp://marutokatarogu.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

試す価値あり!

糖分補給で梅雨を過ごし、
水はけのよい培養土で猛暑を乗り切り、
肥料調整(肥え抜き)で大きな菊を咲かす!
*肥料調整(肥え抜き)をすると確実に変わります!


□梅雨時期は“糖分補給”で生育の遅れをなくす!
梅雨の時期は、雨や曇りがちで慢性的な日照不足になります。
日照不足ということは植物の最も大切な活動“光合成”が低下します。
植物体内のエネルギー(糖分)が不足し、生長がにぶり、また色々な病気や害虫に対しての免疫力・抵抗力が下がります。そこで、オススメしたいのが菊への糖分補給です。
梅雨のために不足した光合成で得られるエネルギー(糖分)を人工的に補給します。
菊が吸収しやすいように黒糖を、じっくり丁寧に発酵分解した【菊ゑさん2号】で糖分補給をし、
免疫力・抵抗力の復活維持に菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】。
【菊ゑさん2号】と菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】を1000~1500倍、葉面散布で補います。

□猛暑の夏を乗り切る! (水は与えられるが、抜くことはできない。猛暑の水やりで差が生まれる)
夏の栽培管理で最も難しく大切な作業のひとつが、水やりではないでしょうか?
水やりの時間帯は重要ですが、マルトは、水を与える時間帯より、与えた後の鉢中の状態の方がもっと重要で気にすべきだと考えます。外気温が上がるまでに水が抜けきる培養土で栽培すべきです。
水を与える時間帯が涼しくても、日中の猛暑の時間帯に水分が残っていると
鉢中の温度は実に40℃以上ひどい時には45℃以上になることも珍しくありません。
つまり、熱めのお風呂に菊の根が浸かっている状態なのです!
この状態を防ぐには、《水はけのよい培養土で栽培する》これに尽きます。
猛暑の中、菊はぐったりする事があります。しかし、根が傷んでいなければ夕方以降に水をやれば充分吸収してくれます。仮に水はけがよくない培養土だった場合、運悪く根が傷んでしまった場合、葉面散布で水分補給を行います。多くの植物は葉からも水分を吸収します。
根の再生に菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】をオススメします!
ポイント!夏の日中に鉢中の水分はできるだけなくす!

□簡単なマルト式肥料調整(肥え抜き)で大きな菊を咲かす!
8月下旬の追込み終了後、マルトの花肥【赤】と【第一PK】を上手に使用し、大輪の菊を咲かせましょう!
チッソ過多の状態のまま、開花期に入ると硬くゴワゴワな花弁になり、ふっくらと咲きにくくなり、
また花腐れ(花弁が茶色に変色する)が発生しやすくなります。
肥料調整(肥え抜き)をする事により、開花期の花腐れ(花弁が茶色に変色する)を防ぐ事ができ、
花弁が柔軟になり大きく咲きます。花腐れを防ぐので花が長持ちします。
肥料調整(肥え抜き)をすると確実に変わります!
ぜひ、この機会に挑戦してみませんか?

□マルトの【発酵リン酸】で差をつける!
《根肥・実肥のリン酸》と言われるように根を育てる生育初期から、実を付けるための開花期まで、リン酸は重要です。しかし、リン酸は効かせにくい。視点を変えれば、リン酸をいかに効かせるかで結果が大きく変わります。
そこで、オススメしたいのがマルトの【発酵リン酸】。
効きにくいリン酸を時間をかけて丁寧に発酵処理し肥効を高めました。
一度でも使用された方は、他のリン酸肥料との違いを実感されています。
定植時、増し土に【発酵リン酸】は欠かせません。


☆文章中の資材は『名人工房 マルト』で手に入ります。
*マルトでしか手に入りません^^
□菊ゑさん2号
□菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL】
□第一PK
□マルトの【赤】
□発酵リン酸




投稿後記(マルトの独り言)

色々やって時に成功し、時に失敗する人がいる。
その姿を、傍から見て、あーでもない、こーでもないと言う人がいる。

どちらの人が良いとか悪いとかわからない。
でも、私は”やってみる人”でありたい。

言うのは簡単、やるのは難しい。


スポンサーサイト
  1. 2015/06/16(火) 10:20:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肥料(栄養分)の吸収のしくみ

専門的に学ばれた方はご存知かと思いますが、意外と知ってるようで知られていないのが、
[植物がどのように肥料(栄養分)を吸収するか]です。

肥料をやるとそのまま植物の根が、むしゃむしゃ食べるイメージをお持ちの方が意外と居たりします。
*根が口を開けてむしゃむしゃ食べる・・・極端な表現をしました^^;

簡単に解説いたします。
土にまかれた窒素肥料や土に混ぜた堆肥は、微生物や各種酵素の働きで
有機物→アンモニア態→亜硝酸態→硝酸態と変化し、硝酸態窒素となって植物に吸収されます。
さらに簡単なイメージで解説すると
肥料を与えても、そのままでは吸収されず、土の中で植物が吸収できる形に分解されてから吸収される。

この事を理解していただくと、与える肥料・土(培養土)などがどんなものが良いか見えてくると思います。

*余談ですが、人間も同じですよね。
食べ物そのままが肉体となったり血になったりするわけじゃなく、胃で分解されさまざまな体内酵素でさらに分解され、
腸などで栄養分が吸収される。



  1. 2015/01/02(金) 11:39:56|
  2. 読んで損はない!と思います^^;
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試した失敗と試さない後悔

2014年秋、各地で菊花展が催されました。
近所でも、公民館、幼稚園、お寺、ご自宅前など、”菊”を見かけました。
綺麗でしたねー。

マルトは全菊連の全国大会静岡大会に出店してきました。

会場では普段お目にかかれないお客様達と出会うことができ、菊についての色々なお話が聞けて楽しくもあり勉強にもなりました。

”枯葉そのまま”の使用についての話もでました。

『やっぱり”枯葉”はそのままの方がいいよ。へたれなかったもんなー』と言われました。
数年前に書籍【マルトの親爺が菊作りの為に残す見聞情報記】を手に入れ、熟読し、
”枯葉そのまま”の使用を思い切って実践したところ、根傷みがなくなり好結果を得られたとの事でした。

”思い切って”というところが気になったので話を伺うと、
”枯葉そのまま”は《理由はわからないが何か害が出るのではないか》と思い使いにくかった。との事でした。


□試さない後悔は、試した失敗よりダメージは大きい。
多くの方は前記の方と同じ考えで実践できないでいるのではないでしょうか。

見方を変えると、
●従来やってきた腐葉土のみでの栽培ですでに排水性の悪さからくる〈夏の根傷み〉などの害がでている。
①すでに害が出ている事に目を瞑っている。
②毎年、害が出る方法で栽培を続けている。

これは、大きなダメージです。
”枯葉そのまま”で、この害がなくなるなら試してみる価値はあるのではないでしょうか^^
試さないと毎年〈根傷み〉の害をうける。
試すと〈根傷み〉の害がなくなるかもしれない。

試す事と試さない事、どちらが菊作りにとって良いか・・・・・・・^^
菊作りは、一年に一回しかできません。

どの世界にも試すことをしない、新しいことををする事を、批判する人がいます。
”やってみないで、文句を言う。”
”やる前から、無理と言う”
人が失敗すると、”それみたことか”と鼻で笑う
”自分の考え、価値観を押し付ける”
現実にいます、そういう人達。

でも!
貴方が結果をだしたら、手の平返します。そういう人達^^

だから
気にしないで、チャレンジチャレンジ!
やってみましょう!
失敗したっていいじゃないですか^^

壁にあたっているのなら、試行錯誤^^

お手伝いします^^





こういった、目からウロコの知識や情報などをまとめた
【マルトの親爺が菊作りの為に残す見聞情報記】絶賛発売中!
お問い合わせは、名人工房 マルトまで

book2006s.gif







  1. 2014/11/20(木) 06:09:22|
  2. 読んで損はない!と思います^^;
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏は差をつけるチャンス!

糖分補給で梅雨を過ごし、
水はけのよい培養土で猛暑を乗り切り、
肥料調整(肥え抜き)で大きな菊を咲かす!

*肥料調整(肥え抜き)をすると確実に変わります!

□梅雨時期は“糖分補給”で生育の遅れをなくす!
梅雨の時期は、雨や曇りがちで慢性的な日照不足になります。
日照不足ということは植物の最も大切な活動“光合成”が低下します。
植物体内のエネルギー(糖分)が不足し、生長がにぶり、また色々な病気や害虫に対しての免疫力・抵抗力が下がります。そこで、オススメしたいのが菊への糖分補給です。
梅雨のために不足した光合成で得られるエネルギー(糖分)を人工的に補給します。
菊が吸収しやすいように黒糖を、じっくり丁寧に発酵分解した【菊ゑさん2号】で糖分補給をし、
免疫力・抵抗力の復活維持に菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】。
【菊ゑさん2号】と菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】を1000~1500倍、葉面散布で補います。

□猛暑の夏を乗り切る! (水は与えられるが、抜くことはできない。猛暑の水やりで差が生まれる)
夏の栽培管理で最も難しく大切な作業のひとつが、水やりではないでしょうか?
水やりの時間帯は重要ですが、マルトは、水を与える時間帯より、与えた後の鉢中の状態の方がもっと重要で気にすべきだと考えます。外気温が上がるまでに水が抜けきる培養土で栽培すべきです。
水を与える時間帯が涼しくても、日中の猛暑の時間帯に水分が残っていると
鉢中の温度は実に40℃以上ひどい時には45℃以上になることも珍しくありません。
つまり、熱めのお風呂に菊の根が浸かっている状態なのです!
この状態を防ぐには、《水はけのよい培養土で栽培する》これに尽きます。
猛暑の中、菊はぐったりする事があります。しかし、根が傷んでいなければ夕方以降に水をやれば充分吸収してくれます。仮に水はけがよくない培養土だった場合、運悪く根が傷んでしまった場合、葉面散布で水分補給を行います。多くの植物は葉からも水分を吸収します。
根の再生に菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】をオススメします!
ポイント!夏の日中に鉢中の水分はできるだけなくす!

□簡単なマルト式肥料調整(肥え抜き)で大きな菊を咲かす!
8月下旬の追込み終了後、マルトの花肥【赤】と【第一PK】を上手に使用し、大輪の菊を咲かせましょう!
チッソ過多の状態のまま、開花期に入ると硬くゴワゴワな花弁になり、ふっくらと咲きにくくなり、
また花腐れ(花弁が茶色に変色する)が発生しやすくなります。
肥料調整(肥え抜き)をする事により、開花期の花腐れ(花弁が茶色に変色する)を防ぐ事ができ、
花弁が柔軟になり大きく咲きます。花腐れを防ぐので花が長持ちします。
肥料調整(肥え抜き)をすると確実に変わります!
ぜひ、この機会に挑戦してみませんか?

□マルトの【発酵リン酸】で差をつける!
《根肥・実肥のリン酸》と言われるように根を育てる生育初期から、実を付けるための開花期まで、リン酸は重要です。しかし、リン酸は効かせにくい。視点を変えれば、リン酸をいかに効かせるかで結果が大きく変わります。
そこで、オススメしたいのがマルトの【発酵リン酸】。
効きにくいリン酸を時間をかけて丁寧に発酵処理し肥効を高めました。
一度でも使用された方は、他のリン酸肥料との違いを実感されています。
定植時、増し土に【発酵リン酸】は欠かせません。

こういった、目からウロコの知識や情報などをまとめた
【マルトの親爺が菊作りの為に残す見聞情報記】絶賛発売中!
お問い合わせは、名人工房 マルトまで

book2006s.gif
  1. 2014/08/03(日) 07:56:11|
  2. 名人技《虎の巻》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨を乗り切る!

梅雨を乗り切る!
”光合成”のおはなし


梅雨の時期を、うまく乗り切ることにより隣の菊作りよりリードできます。
なぜなら、梅雨時期に、梅雨明けまで放っておくと必然的に日照不足による生育遅延の状態になるからです。

ここで”光合成”と生育の関係を簡単に説明します。
本当に、簡単に説明します。
植物は、太陽光を浴び、二酸化炭素と水を結びつけブドウ糖を作ります。
そのブドウ糖と根から吸収されたアンモニア態窒素が結びついてできるのが、アミノ酸です。
そのアミノ酸が植物の生育を促進させます。

つまり、梅雨時期の日照不足が続き”光合成”充分に行われないと、
菊体内のブドウ糖が不足し、皆さんが与えた肥料分アンモニア態窒素がアミノ酸に移行できず、
菊の生育が遅延するわけです。



雨天や曇りの日が続き、日照不足が感じられたら、
名人たちは、この作業をします!



〈名人技、虎の巻〉菊へ糖分の補給をする!

マルトとお付き合いのある方は、すでに《糖の補給》を理解され実践されていることと思います。
詳しく方法を説明すると結構な文章になってしますので、申し訳ないですが簡単に説明させていただきます。


□菊ゑさん2号の溶液の葉面散布

《糖の補給》と聞いて、砂糖水を葉面散布を行う方が以前よりおられます。
全く効果がないわけではないですが、砂糖はブドウ糖と果糖がくっついてできたショ糖という状態なので吸収されにくいです。
その結果、アブラムシやダニが発生しやすくなります。
それに比べ黒砂糖を発酵処理し、ブドウ糖と果糖に分解した状態の【菊ゑさん2号】は、吸収が容易に行われます。

話を戻します。
梅雨時期で充分に”光合成”が行われず、糖不足の菊に【菊ゑさん2号】の葉面散布によって、
糖が補給されると、根から吸収した肥料分アンモニア態窒素と、ちゃんと結びつきアミノ酸ができ、菊が元気に生長します。

この《糖の補給》をうまく実践し梅雨を乗り切り、
隣の菊作りと差をつけよう!(^^)

こういう小さな事で名人の方たちは異常気象をものともせず、毎年、確実に素晴らしい菊を咲かせるのですね。

☆【菊ゑさん2号】についてのお問い合わせは 名人工房 マルト まで。
  1. 2014/06/10(火) 22:22:03|
  2. 名人技《虎の巻》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。