菊作り〈虎の巻〉 マルト外伝

菊作り名人には誰にも言いたくない”秘密の技”がある。 まず、左下、目次の【お知らせ】を見てくださいね。記事の掲載日時がありますが、内容はいつご覧になっても重要な内容になっています。☆興味を持たれた方、左下”お問い合わせフォーム”より、お問い合わせを!商品については、カタぶログhttp://marutokatarogu.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

試す価値あり!

糖分補給で梅雨を過ごし、
水はけのよい培養土で猛暑を乗り切り、
肥料調整(肥え抜き)で大きな菊を咲かす!
*肥料調整(肥え抜き)をすると確実に変わります!


□梅雨時期は“糖分補給”で生育の遅れをなくす!
梅雨の時期は、雨や曇りがちで慢性的な日照不足になります。
日照不足ということは植物の最も大切な活動“光合成”が低下します。
植物体内のエネルギー(糖分)が不足し、生長がにぶり、また色々な病気や害虫に対しての免疫力・抵抗力が下がります。そこで、オススメしたいのが菊への糖分補給です。
梅雨のために不足した光合成で得られるエネルギー(糖分)を人工的に補給します。
菊が吸収しやすいように黒糖を、じっくり丁寧に発酵分解した【菊ゑさん2号】で糖分補給をし、
免疫力・抵抗力の復活維持に菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】。
【菊ゑさん2号】と菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】を1000~1500倍、葉面散布で補います。

□猛暑の夏を乗り切る! (水は与えられるが、抜くことはできない。猛暑の水やりで差が生まれる)
夏の栽培管理で最も難しく大切な作業のひとつが、水やりではないでしょうか?
水やりの時間帯は重要ですが、マルトは、水を与える時間帯より、与えた後の鉢中の状態の方がもっと重要で気にすべきだと考えます。外気温が上がるまでに水が抜けきる培養土で栽培すべきです。
水を与える時間帯が涼しくても、日中の猛暑の時間帯に水分が残っていると
鉢中の温度は実に40℃以上ひどい時には45℃以上になることも珍しくありません。
つまり、熱めのお風呂に菊の根が浸かっている状態なのです!
この状態を防ぐには、《水はけのよい培養土で栽培する》これに尽きます。
猛暑の中、菊はぐったりする事があります。しかし、根が傷んでいなければ夕方以降に水をやれば充分吸収してくれます。仮に水はけがよくない培養土だった場合、運悪く根が傷んでしまった場合、葉面散布で水分補給を行います。多くの植物は葉からも水分を吸収します。
根の再生に菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL 】をオススメします!
ポイント!夏の日中に鉢中の水分はできるだけなくす!

□簡単なマルト式肥料調整(肥え抜き)で大きな菊を咲かす!
8月下旬の追込み終了後、マルトの花肥【赤】と【第一PK】を上手に使用し、大輪の菊を咲かせましょう!
チッソ過多の状態のまま、開花期に入ると硬くゴワゴワな花弁になり、ふっくらと咲きにくくなり、
また花腐れ(花弁が茶色に変色する)が発生しやすくなります。
肥料調整(肥え抜き)をする事により、開花期の花腐れ(花弁が茶色に変色する)を防ぐ事ができ、
花弁が柔軟になり大きく咲きます。花腐れを防ぐので花が長持ちします。
肥料調整(肥え抜き)をすると確実に変わります!
ぜひ、この機会に挑戦してみませんか?

□マルトの【発酵リン酸】で差をつける!
《根肥・実肥のリン酸》と言われるように根を育てる生育初期から、実を付けるための開花期まで、リン酸は重要です。しかし、リン酸は効かせにくい。視点を変えれば、リン酸をいかに効かせるかで結果が大きく変わります。
そこで、オススメしたいのがマルトの【発酵リン酸】。
効きにくいリン酸を時間をかけて丁寧に発酵処理し肥効を高めました。
一度でも使用された方は、他のリン酸肥料との違いを実感されています。
定植時、増し土に【発酵リン酸】は欠かせません。


☆文章中の資材は『名人工房 マルト』で手に入ります。
*マルトでしか手に入りません^^
□菊ゑさん2号
□菊太郎姉妹品【バイオ エドレンスL】
□第一PK
□マルトの【赤】
□発酵リン酸




投稿後記(マルトの独り言)

色々やって時に成功し、時に失敗する人がいる。
その姿を、傍から見て、あーでもない、こーでもないと言う人がいる。

どちらの人が良いとか悪いとかわからない。
でも、私は”やってみる人”でありたい。

言うのは簡単、やるのは難しい。


スポンサーサイト
  1. 2015/06/16(火) 10:20:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 肥料(栄養分)の吸収のしくみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toranomaki100.blog.fc2.com/tb.php/20-849835b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。